先日、小原社長に商談練習を見てもらったTです!
(詳しくはこちらの記事をご覧ください!)

なんと無事、商談に受かりました!
6月からの入場となります!ということで、どんな感じなのかを簡単に紹介できたらと思います。

当社が行っているSES業では、社員が様々な企業のプロジェクトに参加します。
そのため同じITの似たような現場でも、取り仕切る会社さんごとに雰囲気が全く異なります。

例を挙げると「服装」が分かりやすいんじゃないかなと思います。

ある案件ではヒョウ柄のコートに緑色の髪の毛で出社している人もいますし、半そでジーパンの方もざらにいます。

一方で保険会社さんや金融系のシステムを作る案件の場合は、カチっとしたオフィスカジュアルで!とお願いされる場合もあります。

大抵は商談の前に尋ねて返答をもらうことが多いためイメージしやすいのですが、実際にセーフかアウトかは入場して自分で感じないとわからないなと思っているので、とてもドキドキします。(服装の規定がわからないならスーツでいいだろう!と思っても、スーツがそもそもNGな場所もあります)

今回の案件は割とイメージしやすく伝えてもらったので、その点は安心なのがとてもとてもうれしいです♪

以上、参考になれば幸いです。Tでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です