こんにちは。Kです。

先日、別居している祖母が認知症のような症状で体調を崩して入院してしまいました。

今まで認知症の兆候は特に無かったと聞いていたのにどうして……と焦りましたが、幸いにも入院して点滴を打つとすぐに回復したのでほっとしました。

病院に直接付き添った父に聞くと原因は……ナトリウム不足。そう、必要な塩分が足りてなかったんだそうです。

「えっそれでそんな症状に!?」と少しびっくりしてしまいましたが、高齢者は腎臓の機能低下によってナトリウムの吸収率が衰え、血液中のナトリウム濃度が低くなることで脳にも影響が出てしまうんだそうです。

どうやら祖母は食事を摂ることも面倒くさがって少しおざなりにしていたらしく、それも相まって今回の症状が出てしまったようです。

基本的に若者は腎臓が機能ちゃんと機能しているので普通に食事を摂っていれば問題ありませんが、夏場は大量の汗をかいた後に水を飲むので血液中の塩分濃度が薄まりやすくなります。

他人事と思わず、夏は水分補給の他に塩分の補給も欠かさずに行わないといけないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です