皆さんこんにちは。Tです。
突然ですが、あなたは自分の持っているスキルに対して「自信」がありますか?

私はこの会社に入ってからVBAを学び、課題もすべて終わりましたが、暫くは「VBA……少し、わかるかな……?」と自信がありませんでした。


そんな私を変えるきっかけになった言葉を今日は紹介します。

私の大好きな大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源義経が言った「経験もないのに自信もなければ何もできない。」という言葉があります。


かの有名な義経は当時からしてみると、破天荒な戦い方をして、奇策に奇策を重ね、勝利を収め続けた結果、戦の天才とまで呼ばれた男です。


でも、そんな彼も頼朝と合流した後に初めて戦をする……という、戦初心者でした。
そんな状況でも奇策を恐れることなく意見を述べ、源勢を勝利へと導きます。

最終的には自分の行いのしっぺ返しと、いろんな思惑に振り回され、義経はその自信をも失ってしまうのですが、そんな彼に北条時政がかけた言葉は「経験が自信を作っていく」というものでした。


片方がないなら補うのはもう片方。経験は自信の基礎になっていく。

鎌倉時代と令和の今。
政治、戦の経験とIT技術、社会経験。
全く違うはずなのに、今の自分に必要な心構えはこれなのでは?と気づかされました。

未経験からのIT業界は、不安な点も沢山あります。
ですが、張りぼての自信でもいいので「自分はできる!」と動かなければ、本物の自信を手に入れる為の経験さえ手に入らない業界でもあります。


いつか心の底から胸を張って「できます!任せてください」と宣言できるように、今は勉強とチャンスを掴むための商談練習に力を入れようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です